ゲームの最近のブログ記事

やり始めたときに書けばいいのに、書かずにはや数か月・・・。(笑
そんなわけで、近状に出ているようにわりとゆったりやっています。

とりあえず、PSO2近状をさらっと箇条書きにして、細かいことは気が向いたら何か書きます。

・Ship4に所属
・Hu/Fi/Fo/Te/Boまでカンスト
・メイン職は悩み中、よってメイン武器も悩み中
・メセタなし
・チームには所属済み
・ストーリーは公開されているものはすべて完了

DQ10もでしたけど、ストーリーは割としっかり作っていますね、MMORPGなのでいろいろ難しいところはありますが。
そして、お金足らないのも同じ。(--;

というわけで生存跡残しときます。(笑

あけましておめでとうございます。(遅っ
忙しくて忙しくて、全然手も頭もまわっていませんでした。(笑
あんまり忙しいのが続いて、ヘロヘロになってしまったので、少し小休止を入れることにしました。

ということで、「ドラクエ無双」こと「ドラゴンクエストヒーローズ」を買いましたので、ちょっと触れておこうかなと思います。
「ドラゴンクエストヒーローズ」とは、ドラクエの無双です。
たくさんのモンスターをバッサバッサと斬っていきます。

ただ、若干一般的な無双とは違った感触があります。

敵がわらわらと寄ってこない

なんか、襲ってくるまでに余計なアクションがあるんですよね、
そして、プレイヤー自体があんまり狙われていない感じで・・・。
なので、結構敵が分散してて大変です。

大型モンスターは弱点部位がある

つまり、モンスターh(ry
ゼルダ無双に近いんでしょうかね?
トドメの攻撃はなさそうですが、ダウンはありますので、弱点攻撃してダウンしたら沢山叩き込む感じです。

ドラクエのようにレベルアップして、装備も整える

レベルアップしてスキル振ります。DQ9とか10とかそんな感じです。
モンスター倒してお金をためて装備買います。DQ10よりは貯まります。(笑
他にも、錬金があったりとか、そんな感じです。

クリフトといったら

クリフトの代名詞、ちゃんとありました。

「ザキ」「ザラキ」

これは大変重要なことです。(笑
まだ覚えていませんが・・・。



とりあえず、こんな感じです。まだあまり進んでいないのです。
進んだらまた何か書きます。

それではー。

[MMORPGちょいかじり] DQ10

| トラックバック(0)

DQ10のレビューです。
1年程やっているのでタイトルと合いませんが、シリーズ化するのでこのままで。
ちなみに、続いたMMORPGとしては5本の指に入ります。

○ 入り込めるストーリー
MMORPG全般的に、
 「とりあえずクエストを投げて、
  とりあえずクエストをクリアしてもらって、
  とりあえずストーリー見てもらおう。」
といった作りになっており、ストーリーが淡々と進んでいく印象をうけます。

DQ10は導入部分がしっかり作られています。
ムービーがとても多いのです。
さらに、各キャラがプレイヤーに話しかけることが多く、
「そこにいるだけのプレイヤー」ではありません。
そのため、とてもストーリーに入り込みやすいです。

なお、プレイヤーキャラは他のDQ同様、無言です。(笑


○ 盛りだくさんのコンテンツ
非常にたくさんの遊べるコンテンツがあります。
ありすぎて時間が足りません。(苦笑


× キャラクターの性能が一様になってしまう
敵の強さが結構シビアで、特定の職業でないと大変苦労する難易度になっています。
転職・スキル振り直しのシステムのおかげで、強敵に対応できるのですが・・・、
みんな同じようなキャラ性能になっていきます。
私はキャラに個性をつけるのが大好きなので、この特徴は大変残念です。


× 余裕がない
コンテンツ盛りだくさんで、敵も強く、お金はたまらない・・・
これにより、やることが多くなります。
そのため、余裕がなくなります。
余裕がないと、コミュニケーションが発生しづらくなります。
仕事だけの関係・・・みたいな感じになってしまっていないでしょうか?


以上です、それでは!

と、いうより、DLC武器を各武将の得意武器に割り当てたというだけです。
DLC武器は触っていなかったし、猛将伝はやってなかったので、
ニコニコ動画の某動画を見てみることにしました。

[焔刃剣]
孫権の武器になりました。
魔法剣逆手持ちスタイルです。
出も早いし、範囲も広めなので、扱いやすそうです。

[螺旋弩]
鄧艾の武器となりました。
どうみてもガトリングガンです。
出が遅いのと、前方に対する攻撃にかなり特化しており、
横からチャチャ入れられるばかりになりそうです。
上級者向けでしょうか・・・。

[飛蹴甲]
関索の武器となりました。
すべて足技攻撃になります、デザインもうちょっとスタイリッシュにならないのかな・・・。
攻撃時体が浮くため、ダメージを受けると空中食らい状態になるようです。

[峨嵋刺]
王異の武器となりました。
暗器ですね、攻撃は早く、範囲は狭いです。
とってもアサシンです。

[刃弩]
月英の武器として復活しました。
充填することにより、追加攻撃で、エネルギー攻撃可能です!
ある意味、ガトリングガンよりオーパーツです。

[双扇]
小喬の武器として復活しました。
特にいうことはないです、ハイ。

[石柱]
孟獲の武器として復活しました。
毒キノコとヤシの木もおまけでついてきました。
範囲がとても広いから使いやすそう?

[鴛鴦鉞]
練師の武器となりました。
チャージモーションを記憶して別のタイミングで発動することができるそうです、
使いこなせれば面白そうですが、覚えてられないですね。

[龍床几]
劉禅の武器となりました。
このモーション・・・昔某香港スターの映画で見たことがあるぞ!
これも頭の回転が早くないと、使えこなせそうにありません、無理!



ということで、楽しそうな武器ばかりでした!
(でもきっと使いこなせない。)

やってみたら面白かったので紹介します。

http://granbluefantasy.jp/
このゲームはスマホ向けのWebゲームです。

ゲームシステムは、ターン制バトルのRPGとなっています。
スマホゲームらしくない(褒め言葉)システムです。
スマホゲームは割と、ばーっとやってどーんと結果が出る感じですが、
このゲームはがっつりターン制で戦略を考える必要があります。
そのため、時間かかります。
まあ、戦闘中でも中断できて、いつでも再開できるので、隙間時間にやれるゲームではあります。

自己強化はレベルアップシステムと、スマホゲーム系でよくある課金による強化です。
課金しなくても穏やかに強くなれますので、無課金でも一応大丈夫です。(笑

そして、このゲームのバトルはとても動きます。
Webゲームらしくありません。(笑
最近Webで3Dとかいろいろ出てきましたが・・・
こんな感じで作られると、ゲーム機器の存在意義がなくなってきてしまいますね・・・。

ただ、よく動くせいで、すごい勢いで電池消費します。
長時間やる場合は、充電しながらやりましょう・・・。



さて、どうしてやりはじめたのかというと・・・
デレマスとのコラボイベントが開始されたからです。
違う絵柄で描かれるの結構面白いので、どうなるかなぁと思ってみてみました。
(あと、道玄坂登さんが活き活きしていたそうなので・・・。)

イベントは、アイマス架空戦記なノリです、ハイ。
まさか公式でやり始めるとは・・・。765プロではよくあることが、デレマスでも起きました。(笑

そして・・・

gf001.jpg

これである。
まさかのへご声付き。
バス待ち中に見て、吹き出しそうになるのを堪えました・・・。

とりあえず、もうちょっとで、ブリュンヒルデさんゲットできそうです。
ブリュンヒルデさんも活き活きしすぎです。



コラボイベントはともかく、ゲーム自体は面白いので、ぜひやってみてください!
それでは。

[MH4G] 狩猟笛で再開

| トラックバック(0)

モンスターハンター4Gを購入しました。
4ではボウガンでしたが、会社の先輩がボウガンやってみたいということでしたので、狩猟笛を使うことにしました。
ボウガンと狩猟笛を交互にやっている気がします・・・。
そして、狩猟笛一本も拵えていなかった・・・。(汗

さて、内容ですが、G級の解放が目玉だと思いますが、
他にもストーリーが追加になっています。
そこそこ長そうです。
ストーリーの舞台はドンドルマに移ります。懐かしいですね。

集会場の方はHR5でしたが、
部活動(笑)の結果、HRが解放され、またG級も解放されました。

ということで装備はしょぼいのです・・・。
武器はとりあえず、攻撃大・防御大旋律の笛と、スタミナ無効・防御大の笛を1本ずつ作りました。
防具は悩んだ結果、今の装備を強化して使うことにしました。
G級装備出てくるから、悩んでもしょうがないかなと。

それではまた。

今日、サポートからご連絡いただき、無事ログインできるようになりました。
もし、ワンタイムパスワード強制解除のパスワードを記録していない方がいたら、すぐに記録しましょう・・・とても痛い目にあいます。
サポートの皆様ご対応ありがとうございました!


急速に DQ10に対する関心が失われている eggkimiです。(笑
頑張ってます!メールは一応サポートから届いています・・・。
たぶん時期的に同じような問い合わせが多いんでしょうし、まあ自分が悪いのですが、
このまま触らずにモンハン4G来たらDQ10一旦止めそう。(苦笑

さて、三國無双7 Empiresのキャラエディット体験版が配信されたので、早速DLしてやってみました。
感想を一行で書くと、

11月18日間に合わないんじゃね?

です・・・。さらっとやっただけで見つかるのはいかがなものかと・・・。

[よかったと思う点]
過去の衣装(DLC含めて)が最初からあって、種類が多い。
 →ゲーム中の解放やDLCでさらに増えると期待していいよね?

[不具合]
戦闘中のセリフ欄の顔のレンダリングがおかしい。(目が変だ!)
パーツのロードに時間がかかる。(ロードを諦めたのか、キャラを表示すらしなかったりする)

[不安を感じた点]
武器設定の武将一覧に劉禅、孟獲が見当たらない。(武器そのものがあるかは未確認)
 →調整間に合ってなくて非表示なんだろうか・・・。
   →なんと、新武器のため、隠していただけでした!(2014/10/31追記)

[まだやってないけど気になる機能]
キャラの合成。
 →子供もこの機能を利用するのかな・・・?

[今更無理だろうけどやってほしいこと]
パーツのサムネイルのリスト。
 →いちいち切り替えて確認しないといけないのは辛いっす。


まあ、見られないでしょうけど、開発陣の方々見てたらヨロシク。(笑

DQ10できない状況なので、
この機会にいろいろ出てたMMORPGをさらっとやってみることにしました。

第1弾は「幻想神域」です。
アニメ調のキャラクターデザインのゲームです。

Genshin_Kimica.jpg

操作は一般的なクリック+キーボードによる移動操作です。
クエストを順々にこなしていくことでどんどんレベルがあがります。

キャラクター作成は、髪・顔・色でビジュアルを決定し、
職業はなく、武器を選択することで戦い方が大まかに決まります。
武器は結構種類がありますが、ビジュアルを決定するパーツが少ないのは残念ですね。

成長は、なかなか独特です。
レベルアップごとに攻撃系、防御系それぞれ1つずつ選んで成長させていきます。
また、スキルによって武器の特色を出していきます。特色の出し方もいろいろあるので、自由度が高いですね。
Lv40からは第2武器を選べる模様。

ストーリーは、主人公が自分自身に降りかかっていく謎の現象について解決すべく、
住んでいたところを出て、旅に出るところから始まります。
1日程やった感じでは面白いストーリーだと思います。
ただ、せっかくのアニメ調で、面白いストーリーなので、
見せ方もうちょっとがんばってほしかったなぁと思いました。
(そこらへんはDQ10はうまいですね。)



なかなか面白いので、やってない方はちょっと触れてみてもいいのではないでしょうか?



ではまた。

[DQ10] Ver.2.3前期

| トラックバック(0)

Ver.2.3前期が出て、1.5週間程経ちました。
ということで、近状です。

dq10_ver230_00.jpg

稼働職を変えました。
推奨:旅芸人(棒)・僧侶(棒スティック)・魔法使い(杖)
   スーパースター(スティックムチ)・道具使い(ハンマー弓)・魔法戦士(杖弓)
可能:戦士(斧)・パラディン(ハンマースティック)・盗賊(ムチ)
   まもの使い(斧ムチ)・レンジャー(斧弓)
不可:武闘家・バトルマスター・賢者

戦士、賢者を落として、スパスタと旅芸人を上げました。
さらに脇役系になりました。(笑



人間時の髪型を変えました。
dq10_ver230_01.jpg
新しくでたサイドポニーです。
「キミカ」の髪型ではないんですが、かわいいのでとりあえず。



そして、魔法の絨毯をとりました。
dq10_ver230_02.jpg
もうちょっと波に乗れたらよかったのにと思いました。
なお、ビンゴのおかげでだいぶ取りやすくなったと思いますので、ぜひ狙ってみてください!



さて・・・

ストーリーも佳境に入りましたが、同時に新しいバージョンのストーリーの伏線も張り始めました。
先の展開は私にはわかりませんが、きっと

『英雄はすべてを救う』

なんでしょう。

どんな展開を見せてくれるか楽しみですね!

それでは!

プロフィール

近影

名前:eggkimi

会社ではiOSアプリの開発中心の仕事、自宅では作曲を中心に、CGやゲームをしているのんびりクリエイト屋。

Twitter:eggkimi

近況

ゲーム:
  
  PSO2
   ship04 キミカ

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

このページでは、株式会社SEGAが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/