サッカーの最近のブログ記事

次期監督はハビエル・アギーレ氏濃厚という報道が出ています。
今回の大会の総括もしていないのに、こんな報道が出る事に違和感です。

早めに行動しないといけなくて、根回しが必要なことはわかりますけど、
秘密裏に粛々と進めろよと。
総括の結果、方向変わったらどうすんだと。
そんな想いです。

まあ、なんか会長が「攻撃サッカーは世界でも戦える力がついている」とか言っている時点で、
たぶんまともに総括も行われないんじゃないかなぁと思ってしまっていますが...。



さて、そんな報道を無視して、私はあるお方に監督になってもらえないかなーと思っています。
なる確率はほぼ皆無でしょうけど(笑)、なってくれたらなーと思います。

そのお方とは...

トーマス・トゥヘル氏!

監督業休業らしいので、ないでしょうけどね...。

こう考えたのは、日本の強みが「スピード、スタミナ、組織」で、
マインツで使われていた戦術に合っていると考えたからです。

ぶっちゃけ、日本のCBが改善されるのは30年後、FWは35年後じゃないかと考えています。
理由は、欧州でサッカーをしているCBの吉田選手が指導者になってからじゃないと、
CBの全体レベルが上がらないんじゃないかと思っているからです。
もちろん、個人レベルではあがる人はあがりますけどね。

で、DFが改善されれば、強くプレッシャーを貰ってもシュートを決められるようにFWがならないといけないわけで、
数年後には、プレッシャー下での決定力があがるでしょうと、そんなわけです。

それまでは、チーム全体でコンパクトに全員で攻撃、全員で守備、好守の切り替えをしっかりする必要があります。
それをやっているのは、ユルゲン・クロップ監督やトーマス・トゥヘル氏かなと。
で、休業といいつつも、一応空いているトーマス・トゥヘル氏やらないかなーと。(笑

そーんな感じです。



9月の親善試合までに決まるといいですね!

完全に力負けでしたね。

前の2試合でも言える事なのですが...

・決定力、最終防衛ラインの精度がまるで違う

・試合の流れに翻弄される

これが顕著に出た試合だと思います。

日本はJリーグを立ち上げてから約20年、急成長してきましたが、
ここで「第一章完」といったところでしょうか?

ここからは、世界の差を感じ取ったところで、
どういう方針で育てて行くのか、という段階に入って行きます。

世界を肌で感じた方がボチボチ、指導者になっていきますので、
本当に強くなれるかは、ここからが勝負でしょう。



野球でアレだけ戦えるようになるのに、どのくらい時間がかかっているか...
それを考えれば、今の日本のサッカーはここまで順調に来たと思いますので、
しっかり今後の方針を立ててほしいと思います。

4年後じゃなくて、50年後を見据えて。

今日は会社で見ました。残念な結果となりました。
まあ、実は、一番分の可能性の高い相手かなと予想していました。

日本の攻撃が効かない可能性があるのは、下記だと思っています。
・まったくスペースを空けない陣形を敷く
・DFに経験豊富なベテラン、相手の行動を読むのに長けた選手がいる

ギリシャは両方ともあたります。
一人退場者を出たところで、まずいかもと思ったら、
案の定ドン引き戦術に...。

それまでに先制点とれていたら、追加点取れてたんでしょうけどねえ...。

最後はコロンビア戦です。
こちらは攻撃は効いても、ディフェンス崩壊の可能性が高く、
とても難しい試合だと思いますが、がんばって1勝してほしいですね。

日本時間10時から、日本×コートジボワール戦がありました。
結果は残念でしたね。

それ以上に、全然走れていなかったのが残念です。

日本はとにかく前からプレスをかけたり、攻撃時も連動して走り込んだりと、
常に走らないといけない戦い方になります。

今回、それが出来ていなかったかな。


ギリシャ戦では、走れるパフォーマンスを取り戻していることに期待して...。

明日、いよいよ、「2014 FIFA ワールドカップ」が始まります。
今回の大会では、是非次の達成ができることを願っています。

今のスタイルでGL突破、出来れば、決勝トーナメントで1勝

日本代表の親善試合をぼちぼちみてきましたが、
相手の監督や、選手から、たまに「どんなサッカーをするかよく知らない」といった言葉が出てきました。
これは、日本のサッカーの歴史が浅く、世界にあまり知られていないことが原因です。
なので、今のスタイルでGL突破し、決勝トーナメントで日本を見てもらうことが重要だと思っています。
勝てば、さらに印象アップ!

今のスタイルは、スピード、テクニック、スタミナ、連携を持って、
とても小さな綻びであっても、すっと入って、相手を混乱に陥れるものです。
サムライブルーといいつつも、戦い方はニンジャです。(笑
実際、去年のオランダ、ベルギーでは相手DFが混乱していたのが印象に残っています。
このスタイル、私の知る限りでは、他の国では見た事ないので、
是非、これでがんばってほしいと思います。

がんばれ日本!

ワールドカップ最終予選 ヨルダンvs日本は1vs2で敗れるという残念な結果となりました。
まだ貯金がありますので、責任を背負い込まず、次に向かって頑張ってほしいと思います。

今回は、これにつきると思います。
「ゴールを決めれずチャンスを潰し続ければ、流れを失う」
シュート以外はピッチコンディションの割にはしっかり出来ているのに、
決定的な場面でシュートを外してしまったりと本当に残念です。

失点のシーンは、確かにミスとかありますけど、
それ以上に、ヨルダンの選手がしっかり決めてきたなと、
ぶっちゃけ、チャンスに対するゴール成功率50%以上だったんじゃないかと思います。

ザック監督は前々から、チャンスの数に対して得点数が低すぎるということを言っていました。
もっとシュートする意識を持てとも言っていました。
前々からこの課題を口にしてますが、改善する兆しが見えない状況に、憤りを感じているんじゃないんでしょうか?
(実際怒っていたようですし。)

次戦はホームでオーストラリア戦、ホームの利を活かしてがんばっていきましょう。
それにしても、前田は一時期のインテルミリートのようにならないか心配です。

夜中ですが、サッカー国際親善試合 日本vsカナダがありました。
結果は2vs1で日本の勝利、内容は微妙でした。

私が感じたポイントは2点です。
・選手間の距離
・シュートを枠内に飛ばす

選手間の距離が離れすぎている...合流後最初の試合で良く見受けられる現象です。
そのため、ショートパスがつながらない、セカンドボールを拾われるといったことが起きていました。

シュートを枠内に飛ばす...いや、「ゴール前に入るとつい力んじゃうんだ」ってのはなんとなく分かります。
ただ、チャンスで決めきれないと、流れを失ってしまいます。
正面でもいいから枠内に飛ばせば、何か起こるかもしれませんし...。

あとは、球際で負けていたとキャプテン長谷部が言っておりましたが、これについては、この後がある日本と、これで終わりのカナダの差があったかなぁというところで、あまり気にしていません。

さて、香川ですが...相棒がいるいないで大きくパフォーマンスに差が出ていますね。
日本代表でいえば、本田・中村、
マンUでいえば、ルーニー、
ドルトムントでいえば、シャヒン・ゲッツェといったところでしょうか。
相棒と入ることでかたい守備も崩せていけるのですが、いないとボールが回ってこないという...。
しばらくは相棒セットでしょうね。
ブラジルの次あたりはソロで超パフォーマンス出せるようになっていてほしいです。(笑

といったところで、ヨルダン戦予想スタメンです。
CK:川島
DF:酒井高、栗原、吉田、内田
DMF:長谷部、遠藤
OMF:香川、中村、岡崎
FW:前田(ハーフナー)

FWは迷います...昨日の出来でいえば、正直どっちもどっちでした。
ハーフナーは高くて強かったんですが、遅いという感じでして...好き嫌いが出そうな選手です。(笑
日本は2列目の攻撃力が高いことを考えれば、早くて守備が出来てボールを持てる前田を先発に、ハーフナーはスーパーサブかなぁと...。
でも自信ないので、括弧付きで併記します。(笑

でわ、がんばって、W杯一番乗りしてもらいましょw

テレビでスポーツ観戦

| トラックバック(0)

昨日J1、WBCが開幕、今日はJ2開幕。
ということで、テレビでスポーツ観戦したので感想!

<J1 第1節 名古屋vs磐田>
磐田が終始よいサッカーで圧す展開でした。
結果は1-1のドロー。
名古屋は負けてもおかしくない内容でドローなのでほっとしたのではないかと思います。
(前田選手のゴールの件も含めて(笑))

名古屋はディフェンスでなんとか踏ん張る展開。
ボールを持っても攻撃の形が見えてこない中で、3バックのDF闘莉王がゴール前まで走りこみ、OGを誘う。
磐田は非常によい形で攻めて行くものの、名古屋が最後に踏ん張るので得点できず。
流れが変わったのは闘莉王が負傷してから、ボールを保持できなくなる。
そして、新人DF牟田を下げて4バックにして守備が崩壊。
ぶっちゃけ1点で済んだのが奇跡でした。

なかなか安定はしないでしょうが、牟田は出し続けて3バックで頑張る方が今後にはいいかもしれませんね。


<J1 第1節 大分vsFC東京>
最初は大分が勢いを見せるも、徐々に試合巧者の東京が主導権を握っていった試合。
結果は1vs2で東京の勝利。
点差以上に東京の貫禄が見えた試合です。

見れたのは前半の中盤から。
大分はスペースを上手く潰そうとし、東京はスペースを見つけたり作ったりする展開。
その中で今季加入の東選手が地味ながら素晴らしい動きで試合を作っていったと思います。
この選手、ロンドン五輪ではいろいろ言われましたが、
個人的には、ハードワーク、あとはサッカーIQが高くて好きです。賢いと思います。
後半、大分はペースが落ちてきてしまい、東京にやられてしまいましたね。
でも、素晴らしい奮闘ぶりで、今後期待できるかもしれません。


<WBC 1次リーグ 日本vsブラジル>
試合後半から。
いやぁ、ブラジル強いですね。かなりびっくりしました。
これは負けるかなーって思ったんですが。

井端選手はイイバッター、ホント渋いです。
そして、能見選手が流動的な試合をぴしっと止めてくれました。
能見選手を先発に...という話も出ているようですが、
個人的には流れを断ち切れる投手として使ってほしいかなとも思いました。

<イングランドプレミアリーグ 第28節 サウザンプトンvsクイーンズ・パーク・レンジャーズ>
無料だったので。(笑)
結果は1vs2でQPRの勝利。
攻めあぐねたサウザンプトンのミスをつき、個人技でQPRがねじ伏せる展開でした。

<イングランドプレミアリーグ 第28節 マンチェスター・ユナイテッドvsノーウィッチ・シティ>
ハイライトを見ました。(笑)
4vs1でマンUの勝利。
香川選手ハットトリックですよハットトリック!
1点目はテクニック、2点目はインテリジェンス、3点目はクイックネスで取りました。
なんかボールも回ってたし、チームとして新しい形が見えた試合じゃなかったでしょうか?

<J2 第1節 G大阪vs京都>
後半途中から。
結果は3vs3のドロー。
なんというザル試合。(苦笑)

大丈夫かG大阪?いや、京都もかもしれないけど...。
お互い、攻撃はとても面白かったです。
これは守備が緩いからなのか、攻撃力がすごいからなのか...。


Jリーグは第5節で、大体の力量がはかれてくるでしょう。
楽しみですね。
それでわ。

J1最終節

| トラックバック(0)

本日は、J1最終節でした。
はい、ジュビロvsガンバ見てました。

パスで繋いで押し上げていくガンバと、
前田を起点にしてカウンターを仕掛けていくジュビロ。
いやぁ...展開がはやいはやい...。

そして、ガンバ降格です。
前田遼一の呪い、来年も注目になりますね。

今日見てて思ったのは、どちらも低迷するような感じのサッカーをしていなかったことですね。
つまりは...このレベルのサッカーはJリーグではやばいんですよ、って感じになってきたんですね。
あたり、球際の強さはまだ欧州と比べるとあまりですが、スピードや展開は追いついてきた感じ、喜ばしいことです。

名門の降格、Jリーグは新しい時代に入っていく、そう信じています。

とりあえず、
新潟の皆さん、おめでとうございます。
ガンバ大阪、神戸の皆さん、無念でしょうが、
再来年牙を鋭く磨いて、戻ってきてください。

オマーン戦

| トラックバック(0)

勝ちましたー!

内容は苦しかったですが...。

長友、岡崎はよく動いていたと思います。
本田、吉田は暑さのためか、集中力が欠けていた印象です。

得点した2点ともよく走ってとった点だと思います。
日本はやっぱり走って走って抜けて飛び込んでいかないとだめですね!

次戦で予選突破できるといいなぁ。

プロフィール

近影

名前:eggkimi

会社ではiOSアプリの開発中心の仕事、自宅では作曲を中心に、CGやゲームをしているのんびりクリエイト屋。

Twitter:eggkimi

近況

ゲーム:
  
  PSO2
   ship04 キミカ

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著作権

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

このページでは、株式会社SEGAが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/